無期雇用派遣と正社員の違いは何?│神奈川・横浜の求人なら【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

ハケンで働くQ&A

雇用・労働に関する知識~派遣法など

無期雇用派遣と正社員の違いは何?

無期雇用派遣と正社員には、雇用契約を結ぶ相手や給与面、福利厚生などの様々な違いがあります。無期雇用派遣とは、派遣元の会社と期間の定めのない雇用契約を結び、派遣社員として働く働き方のことをいいます。

無期雇用派遣という働き方の誕生

2015年の労働者派遣法の改正により、無期雇用派遣という働き方ができるようになりました。労働者派遣は、派遣先で働いている間のみ派遣元会社と雇用契約を結ぶ登録型派遣と、派遣先が決まっているかどうかに関係なく派遣元会社と雇用契約を結ぶ常用型派遣の2つに分類されます。無期雇用派遣は、常用型派遣の1種として生まれました。無期雇用派遣は、正社員と同じように働く期間に定めはありませんが、いくつか異なる点もあります。

雇用契約を結ぶ相手が異なる

無期雇用派遣と正社員の違いは、雇用契約を結ぶ相手です。無期雇用派遣の場合、雇用契約する相手は派遣元会社です。正社員の場合、雇用契約は自分が働く会社と結びます。また、無期雇用派遣の労働者は他の派遣労働者と同じように、基本的には派遣元会社の取引する会社に派遣されて働きます。正社員は一般的に雇用契約を結んだ会社内で働く点で、無期雇用派遣とは違いがあります。

無期雇用派遣は待機の期間も給与が出る

無期雇用派遣の場合、派遣会社から新たな仕事を紹介されるのを待つ待機の状況でも給与が発生するところが特徴です。そのため無期雇用派遣では、雇用契約の更新を心配せずに安定した収入が得られるメリットがあります。また、無期雇用派遣は他の派遣と同じように、仕事の条件を選んで働くことができます。残業の有無や勤務地も自分に合う職場が選べるのです。

無期雇用派遣が雇用契約を結んでいるのは派遣元会社なので、給与形態や福利厚生は派遣元会社の規定に従います。また、無期雇用派遣では、派遣先だけではなく派遣元会社で働くことになるケースもあります。正社員と無期雇用派遣の違いを理解したうえで、自分に合う働き方を選ぶようにしてください。

関連する質問

library_books

日総ブレインへの登録がお済みでない方
まずはご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる