面接で着ていく服装は?│神奈川・横浜の求人なら【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

転職Q&A

転職活動について

面接で着ていく服装は?

面接へ行く際の服装は、男性・女性ともにスーツが好ましいです。服装だけでなく、身だしなみもあわせて重要です。

面接時の服装はスーツが基本

ビジネススーツは、黒や紺、グレーといったベーシックなカラーを選ぶようにしましょう。スーツの生地も、無地もしくは控えめなものにしておくのが無難です。スカートは丈が短くなりすぎないものにし、ズボンの裾も適切な長さに調整しましょう。面接での服装は、仕事をするのにふさわしい印象を持ってもらうことがポイントです。

スーツやシャツにシワが寄っていたり、襟元や袖口、ネクタイにシミがついていたりすれば、面接での印象は悪くなってしまいます。前もってスーツにシミやシワ、汚れがないかを確認しておくようにしましょう。

靴やかばん、アクセサリーにも気を付ける

靴やかばん、アクセサリーにも注意が必要です。靴は、男性であれば革靴、女性であればパンプスが好ましいでしょう。かかとがすり減っていたり、色が剥げていたりするとだらしない印象を与えるので、予め直しておくようにいたしましょう。女性の場合はヒールの高さにも注意が必要です。また、かばんもできるだけシンプルなデザインのものを選びましょう。サイズも小さすぎると履歴書や職務経歴書がうまく入りません。アクセサリーは基本的に着用しないのが無難です。

業界によってはスーツ以外の服装でも問題ない

面接時の服装として、スーツ以外のものが望ましい業界もあります。ファッション業界では、面接時の服装も選考の参考にする場合があります。その企業のブランドイメージに合った服装や、自分のセンスをアピールできる服装で向かうとよいでしょう。デザイン業界やメディア業界でも、面接にはカジュアルな服装で来るように案内をする企業があります。ただし、そういった場合でも、相手が不快にならない服装で行くことを心がけましょう。あくまでも面接であることを意識して、ジーンズにTシャツといった砕けすぎた服装で行くことは避けた方が無難です。

全体的に清潔感のある印象を与えることが重要

面接では、清潔感のある印象を与えることが重要です。そのため服装だけでなく、身だしなみにも注意しましょう。爪が伸びていたり、寝癖がついていたりしては、どんな服装をしていてもだらしない印象を与えてしまいます。また、目には見えない匂いについても注意を払いましょう。特に汗をかきやすい夏場では、こまめにスーツを乾燥させたり、靴下やシャツを清潔なものに替えたりする工夫が必要です。

関連する質問

library_books

お仕事をお探しの方、
まずは日総ブレインにご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる