転職面接のポイントは?│神奈川・横浜の求人なら【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

転職Q&A

転職活動について

転職面接のポイントは?

転職活動の面接で抑えておくべきポイントとして、求人に合わせて適切な自己PRをすることや、事前に面接で聞かれそうな質問を用意しておくことが挙げられます。また面接では聞かれた質問に答えるだけではなく、自分から質問をすることでその企業に対する意欲を伝えることができます。

転職の面接は新卒の面接とは違う

転職面接のポイントは新卒面接と異なる部分があります。新卒の場合はそれまでの職務経歴がないため、人となりが重視されるのが一般的です。つまり、コミュニケーション能力はどうか、向上心はあるかなどといった将来への期待値が採用基準のひとつになります。しかし、転職の場合は、ある程度の実践や社会経験をしているということが前提です。一般的に会社側は即戦力となる人物を求めているということを認識しておく必要があります。

求人に合わせて適切な自己PRをする

転職面接のポイントは、応募する求人に合わせて適切な自己PRをすることです。業界知識が求められている求人なら、その業界についてこれまで経験したことを説明しましょう。マネジメントが求められている職種なら、これまでのマネジメント経験をアピールします。ここで大切なのが、できる限り具体的に説明することです。どこの企業のどの部署でどれくらいの期間業務を行っていたかをしっかり伝えましょう。また、これまでの業務での成功例を挙げて、その業務で工夫したことや自分の役割まで詳しく説明することも自己PRで有効な方法です。

面接で聞かれそうな質問の答えを準備しておく

面接で聞かれそうなことに対する答えを事前に考えておくのも転職面接のポイントです。転職の面接なので、これまでの職務経歴についての質問は必ずあります。その際にスムーズに答えられるように、自分の経歴について整理し、面接官にわかりやすく伝えられるようにまとめておきましょう。また、その企業への志望理由も、面接で質問される重要な項目の一つです。その企業について研究し、応募した職種の仕事内容について詳しく調べた上で、自分の経歴に照らし合わせて志望理由を話せるようにしましょう。

逆質問をすることで意欲を伝える

転職面接で活用したいのが、逆質問です。面接では質問を受けるだけでなく、逆に自分から面接官に対して質問することで、その企業に対しての意欲を伝えることができます。逆質問をする場合は、企業のホームページを見れば分かるような内容ではなく、希望部署のより具体的な業務内容や、将来的にその企業が力を入れていきたい分野など、面接でしか聞くことができない内容を聞くようにしましょう。専門的な話は面接官によってわからない場合もあるので、面接でする質問は複数用意しておくと安心です。

関連する質問

library_books

お仕事をお探しの方、
まずは日総ブレインにご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる