派遣でダブルワークはできる?│神奈川・横浜の求人なら【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

ハケンで働くQ&A

派遣ではたらく~派遣にまつわる素朴な疑問

派遣でダブルワークはできる?

派遣社員として働いてもダブルワークは可能です。しかし、派遣元会社によっては副業を禁止していたり、許可を取る必要があったりする場合があるので注意しましょう。

派遣のダブルワークは基本的に自由

派遣の場合、就業時間以外は原則として自由な活動が認められています。そのため、正社員と比べると、派遣社員はダブルワークがしやすいといえます。ただし、派遣社員であれば必ずダブルワークができるわけではありません。雇用主となる派遣元がダブルワーク許可制や禁止としている場合もありますので、必ず派遣元の就業規則を確認しましょう。

ダブルワークはスケジュール管理が重要

就業規則上ダブルワークが問題ないとしても、軽い気持ちでダブルワークを始めるのはおすすめしません。ダブルワークは、あくまでも本業に支障をきたさない範囲で行う必要があります。また、ダブルワークをしたいなら、スケジュール管理も大切です。スケジュールをしっかり管理していないと、本業で突発的な残業をする必要が出た際、そのあと予定していたもう1つの仕事に間に合わなくなるケースもあるからです。ダブルワークをする場合は、残業がない、もしくは少ない仕事が向いているといえます。

派遣でダブルワークはできる?

ダブルワークをする際は派遣元や派遣先への配慮が必要

ダブルワークをする際は、派遣元や派遣先に迷惑をかけないための倫理観が求められます。同時期に同業他社で働かない、業務上知りえた情報は外部に漏らさないといった基本的なルールを守らなければなりません。

また、ダブルワークの場合、2つの職場で働いた時間を合算したものを総労働時間と考えます。この総労働時間が、週40時間、1日8時間の法定労働時間を超えた場合、時間外割増賃金が発生するのです。時間外割増賃金は法定労働時間を超えた時間分を働いた就業先から支払われることが法律により決められています。不明な点があればダブルワークをする前に派遣元と確認しておくとよいでしょう。

場合によっては確定申告をする必要がある

ダブルワークをする場合、自分で確定申告を行わなければなりません。副業の年収が20万円以下の場合は必要ありませんが、それ以外の場合は自身で確定申告を行い、税金を納める必要があるのです。ダブルワークでは、本業と副業の両方の収入を申告します。本業と副業の収入を合わせた額で1年に納める税額が決まるからです。

複数の仕事を行うことで、収入アップやスキル向上が見込めるダブルワークですが、上記のような点には注意して行うようにしましょう。

関連する質問

library_books

日総ブレインへの登録がお済でない方
まずはご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる