派遣から正社員になれる?│神奈川・横浜の求人なら【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

ハケンで働くQ&A

派遣ではたらく~派遣にまつわる素朴な疑問

派遣から正社員になれる?

派遣社員から正社員になることは可能です。派遣社員が正社員になる方法の1つに、派遣期間終了後の直接雇用を前提とした「紹介予定派遣」があります。

一般的な派遣社員よりも正社員登用されやすい紹介予定派遣

一般的な派遣社員でも、派遣先で社員になることもありますが、社員登用制度がない企業では、派遣社員から正社員になれないケースがあります。その点、紹介予定派遣は、派遣先の社員となることを前提とした雇用形態であるため、正社員登用されやすいのです。

正社員への登用が前提の紹介予定派遣

紹介予定派遣は、一定期間派遣社員として派遣先企業で就労した後、派遣先企業との合意の上で、社員として採用されることを前提とした就労形態です。紹介予定派遣期間が終わり、無事に採用されることになった場合、それまで派遣元会社と結んでいた雇用契約は、派遣先企業と結ぶことになります。ただし、紹介予定派遣期間後、必ず正社員になれるわけではありません。契約社員として採用されたり、その企業への採用が見送られたりするケースもあるのです。なお、紹介予定派遣の期間は最大で6ヶ月と法律で定められており、企業は期限までに派遣社員を自社の社員として採用するかどうかを決めなければなりません。

紹介予定派遣は派遣社員と企業のミスマッチを防ぐ

紹介予定派遣は、派遣社員側と企業側のミスマッチを防ぐことができます。派遣社員側にとっては、実際に担当する業務内容や職場の雰囲気を知ってから、その会社の社員となることができます。企業側も、派遣社員の人柄や業務遂行能力を測ってから直接雇用できるのです。そのため、数回の面接だけでは見ることのできないお互いの情報を、実際の仕事の中で確認することができます。

紹介予定派遣を選ぶメリット

紹介予定派遣には、派遣元会社のサポートを受けながら仕事を探せるというメリットがあります。紹介予定派遣も一般的な派遣就労と同様に、はじめは派遣元会社と雇用契約を結ぶため、仕事は派遣元会社から紹介してもらうことができ、自分で一から探す必要がありません。また、派遣元会社によっては無料の研修制度を設けているところもあり、研修でスキルアップを図ることも可能です。そのため、紹介予定派遣を利用すれば、未経験や経験の少ない人であっても正社員として雇用される可能性が高くなるのです。

関連する質問

library_books

日総ブレインへの登録がお済でない方
まずはご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる