経理事務で役に立つ資格は?│神奈川・横浜の人材派遣・派遣求人【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

ハケンで働くQ&A

スキルアップ・資格について

経理事務で役に立つ資格は?

経理事務の職に就くにあたって、簿記の資格やMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を所持していると業務に役立ちます。また、難易度は高くなりますが、公認会計士や税理士などの資格も有用です。

簿記

経理事務の仕事に就くのであれば、ぜひ取得しておきたい資格が簿記になります。簿記とは、会社の経営に関するお金の流れを記録・計算・整理し、会社の経営成績と財政状態を明らかにするスキルを証明する資格です。簿記を勉強することで、経理に関する知識だけではなく、基本的な経営力や分析力が身につきます。簿記と呼ばれる資格試験には、実施団体によって複数のものがありますが、代表的なものが「日商簿記検定」です。難易度が高い順に1級から4級まであり、経理事務の職を目指す場合、3級以上を取得していることが理想です。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは、マイクロソフトのWordやExcelを一定のレベルで使いこなせることを証明する資格です。取得しておくことで経理事務での業務に役立ちます。経理事務の業務では、パソコンを利用する機会が多く、基本的なパソコンスキルが求められます。特に表計算ソフトであるExcelは経理事務業務に欠かせないため、会社によっては必須であることも多い資格です。経理事務の業務で役に立つだけではなく、転職しようとした際にもアピール材料となります。

公認会計士や税理士

経理事務として役立つ資格には、公認会計士や税理士が挙げられます。公認会計士は会計・監査の、税理士は税務のプロフェッショナルであることを証明する資格です。これらの資格があることで、経理業務に生かせるだけでなく、企業の経営全体を見る視点が身に付きます。いずれも難易度の高い資格になりますが、所持していると経理業務の専門家として可能性が広がるでしょう。将来的なキャリアアップを考える場合は、取得を目指してみてください。

関連する質問

library_books

お仕事をお探しの方
まずは日総ブレインにご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる