テレアポの極意│神奈川・横浜の人材派遣・派遣求人【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

ハケンで働くQ&A

さまざまな職種

テレアポの極意を教えて

テレアポとは、「テレフォンアポイントメント」の略で、商品やサービスを販売する為に顧客に電話し、アポイントを取りつける仕事を指します。テレアポのコツには、早口にならないこと、伝える内容を簡潔にまとめておくこと、相手の話を聞くこと、テレアポの役割を理解することなどがあります。

早口にならないように意識する

テレアポの際に大切なのが、早口にならないことです。テレアポは、相手から断られるのを恐れるあまり、早口になってしまいがちですが、それではかえって逆効果です。早口で話すと、相手が聞き取りにくいだけでなく、威圧感を与えてしまうため、アポイントが取れなくなってしまいます。落ち着いて、ゆっくり、そして堂々と話しましょう。

伝えたい内容を簡潔にまとめておく

電話をかける前に、伝えたい内容を簡潔にまとめておくことも大切です。テレアポ担当者は、詳しく説明をした方が相手に興味をもってもらえると考えるかもしれません。しかし、説明に時間をかけてしまうと、相手に話が長いと思われ、敬遠されてしまいます。また、詳しく話し過ぎることで、会ってまで話を聞く必要がないと思わせてしまいます。そうしたことを防ぐために、内容をできるだけ簡潔にまとめ、要点を絞って伝えましょう。

相手の話もきちんと聞くこと

テレアポを行う際は、相手の話をきちんと聞くことも大切です。相手の話を一切聞かずに、一方的に話し続けると、相手に不信感を抱かせてしまいます。結果としてテレアポの成功率は低くなるでしょう。テレアポは相手の話もきちんと聞きながら、コミュニケーションをとることが重要なのです。

テレアポの役割を理解すること

テレアポの役割はあくまでも顧客と営業担当者とのアポイントを取得することです。その役割を理解せず、電話の場で売り込もうとし過ぎてはいけません。売り込みは相手に直接会って、商品資料も見せながら行う方が効果的だからです。電話で売り込みをするあまり、相手が警戒し、アポイントが取れなくなってしまう場合もあります。テレアポは顧客に直接会う機会を作ることが目的であることを念頭に置いて、実際に商品やサービスの説明を行うのは営業担当者に任せましょう。

関連する質問

library_books

お仕事をお探しの方
まずは日総ブレインにご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる