営業事務の仕事内容は?│神奈川・横浜の求人なら【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

ハケンで働くQ&A

さまざまな職種

営業事務の仕事内容は?

営業事務の仕事は、企業の営業担当者へのサポート業務全般です。営業に関する業務の一通りに関わり、業務の幅が広いのが特徴です。営業事務は一般事務に比べて、顧客や営業担当者と関わる機会が多いため、ビジネスマナーやコミュニケーション能力が求められます。

営業事務の仕事内容は多岐にわたる

営業事務の仕事内容は多岐にわたります。自社商品の受注、発注の管理にはじまり、在庫管理や入出金管理、顧客管理などを行うこともあります。また、営業会議の資料や、営業担当者が顧客に提案するためのプレゼンテーション資料の作成、見積書の作成など書類作成業務も少なくありません。さらに、来客応対や電話対応などの業務も仕事として含まれることが多いです。

営業事務に求められるスキル

営業事務に求められるスキルとして、基本的なパソコンスキルが挙げられます。営業資料作成のためにWordやExcelは必須です。さらに会社によってはPower Pointやデータ集計に利用するAccessなど、資料作成に必要なソフトを使えることが求められる場合があります。また、営業担当者や顧客とのやりとりが多いため、コミュニケーション能力や基本的なビジネスマナーが必要です。営業事務は営業担当者との連携が重要になるので、協調性も大切です。海外のクライアントとのやりとりが多い職場では、語学力が求められます。

営業事務からキャリアアップも可能

営業事務の仕事は、様々な方面へのキャリアアップが可能です。なぜなら、営業事務の仕事では、基礎的なパソコンスキルや文書作成能力、コミュニケーション能力を身に付けられるからです。営業事務としてスキルアップをしていくほかにも、経験を積むことで専門的な事務職へのキャリアアップが狙えます。例えば、営業事務の業務には、売り上げの管理や伝票の作成などの業務があるため、経理事務にキャリアアップすることもできます。また、英語での業務がある場合には、英文事務へのキャリアアップも可能です。

関連する質問

library_books

お仕事をお探しの方
まずは日総ブレインにご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる