経理事務の仕事内容は?│神奈川・横浜の人材派遣・派遣求人【日総ブレイン】

お問い合わせ

派遣のお仕事を探しの方

FAQ ~派遣に関するよくある質問~

ハケンで働くQ&A

さまざまな職種

経理事務の仕事内容は?

経理事務の仕事内容は、会社が日々行う取引を記帳し、会社から出ていくお金と入ってくるお金の流れを管理することです。具体的には、現金の出納管理や経費精算業務、伝票の整理・仕分け、請求書の発行などがあります。その他、月次や年次の決算資料の作成を行う場合もあります。経理の仕事は、資金の流れや経営状況を把握するために、会社にとってなくてはならないものです。時には経営に近い業務に関わることがあるかもしれません。その点で経理事務はやりがいのある職種と言えるでしょう。

日々の現金の出納管理

経理事務が行う業務に、現金の出納管理があります。会社にある現金から支払いを行う際に、何にいくら使ったかを管理する業務です。通常、企業間の取引や社員の給与の支払いは、現金ではなく、金融機関への振り込みで行われます。しかし、社内備品や文房具の補充といった少額のものについては、現金で支払いをすることもあります。1日の終わりにその時点の現金を数え、前日の残高からその日に使った金額を差し引いた金額と一致しているかどうかを確認します。

社員の経費精算

社員が建て替えていた経費を精算するのも経理事務の業務です。社員が営業活動を行う際には、交通費や出張費、交際費など、様々な経費が発生します。経費はまず社員が支払い、立て替えておくのが普通です。経費を立て替えた社員は、その額を精算書にまとめ、領収書と一緒に会社の経理部門に提出します。経理事務は、提出された領収書や精算書の内容に間違いがないか、使用用途に問題はないかなどをチェックします。問題がなければ、社員が立て替えていた経費の精算を行うのです。会社によっては、チェックの担当と支払いの担当が異なる場合もあります。

取引先への請求書の発行

経理事務は、取引先に請求書を発行する業務も行います。通常、会社間の取引では、商品やサービスを提供した後に請求書を発行し、その請求書の金額が期限までに支払われるという流れになります。請求書には、請求金額や商品名、単価や個数などが記載されますが、その記載内容に誤りがないように、正確に作成することが求められるのです。請求書は会社の正式な書類でもあるので、経理部門の上長が確認したのち、取引先に送付されます。

関連する質問

library_books

お仕事をお探しの方
まずは日総ブレインにご登録ください

マイページに新規登録する

派遣Q&Aトップにもどる